摂食障害の基礎知識
チェック
原因
症状
摂食障害とうつ
摂食障害になりやすいタイプ
摂食障害は完治するか
病院
併発する症状
摂食障害の症状
チューイング
むちゃ食い障害
上腸間膜動脈症候群
睡眠関連摂食障害
摂食障害と糖尿病
摂食障害と妊婦
摂食障害への親の協力
対応の仕方
嘔吐
摂食障害の治療方法
食生活の改善
治療
入院治療
薬物治療
過食症
暴食と我慢
パンは過食の促進剤
過食を治すためのポイント
過食を防ぐ3つの方法
過食症は原因と仕組みを知れば治る
食べ過ぎるとお腹が空く
摂食障害克服
ブログ
克服者の声
摂食障害の体験談

摂食障害 克服する為のポイント

摂食障害を克服するには

基本的な事

摂食障害という病気は、大きく分けると神経性食思不振症(俗に言う拒食症という症状)と、神経性大食症(俗に言う過食症という症状)の二つになります。拒食症というのは、物を食べたりすることを極端に少なくして、一般的に言うと痩せ過ぎであるにも関わらず、太ることを恐れてしまい、痩せようとする行動をとってしまう病気です。

そして過食症という病気は、非常にたくさんの物を食べてしまって、そのあとでそれを後悔してしまい、突然憂鬱になってしまったり、イライラしてしまったり、太らないようにと食べた物を吐いたりという行動をとってしまう病気です。

このように、食べることをコントロールしていきにくいという病気です。もちろん、治療することによって、治っていく病気なのです。現在では日本でもだいたい千人に一人という確率で、どんなひとでもかかってしまうような病気なのです。

そして摂食障害は都市部の方が発症しやすいのが特徴となっていて、文化的なものが影響を与えていると言われています。また、若い女性がよくかかりやすい病気なのですが、最近では多くの男性もいます。

摂食障害になってしまう原因として、生物的、もしくは心理的、そして社会的な要因などのように、複数のものが関係しています。摂食障害になってしまう原因ですが、さまざまなことが言われていますが、原因ははっきりとはわかっていません。

最近では、家族関係が関係しているという研究も、あるのですが、家族との関わり方などが原因といったような明確な証拠は存在しません。ですから、親の育児方針などに原因を求めたりしないようにしましょう。

生活の中で目標を見失ってしまい、自分自身に対しての自信がなくなってきたときに、ダイエットを目標にするということがあります。このようにしてダイエットに挑むことによって、自分の頑張りや努力を体重計の数字によって、認めてもらってそれで安心したいなどのような気持ちが存在するのです。

ですからその後太ることは、逆戻りをしてしまうのではないかと考え、不安がこみあげてきて、摂食障害になってしまうこともあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 摂食障害 克服する為のポイント All Rights Reserved